学校紹介 CASTWELLの魅力についてご紹介します学校紹介 CASTWELLの魅力についてご紹介します

当校の考え方

最高のキャストを目指して

お客様の感動を自分の喜びのように感じられる、
そのような心豊かなCAST(キャスト)を社会に送り出すことが、
キャスウェル ホテル&ブライダル専門学校の目的です。
それは、校名の由来でもある
[CASTWELL (キャスウェル) ]に表しています。
しかし、そのようなCASTには、簡単になれません。
未来のCASTである、学生一人ひとりの志や想い、
また、それを支える私たちの情熱が一緒になって
はじめて実現できるといってよいでしょう。

キャスウェル ホテル&ブライダル専門学校では、
様々な制度や設備がそのような情熱をしっかりと支え、
学生一人ひとりを確実に、CASTへと導いていきます。
学ぶことの感動とともに、お客様の感動も感じ取り、
自分の喜びに変えられるために、必要な知識、実践的な
スキルもしっかりと身に付けられます。

さあ、一緒にキャスウェルで学びませんか?

設立Profile

運営母体である学校法人東北外語学園は、1946年に東北外国語学校( 現:東北外語観光専門学校)を設立して以来、外国語教育と観光実務教育を行ってきました。これまで数多くの卒業生を各業界に輩出しています。

2017年4月に東北外語観光専門学校ホテル科を独立させ、新たな専門学校として設立したのがキャスウェル ホテル&ブライダル専門学校です。

一人ひとりの学生を大切に育て上げるという今までの教育の精神を受け継ぎながら、さらなるホテル&ブライダル業界の専門教育の深化を目指しています。

学校法人 東北外語学園の歩み

1946年 学校設置が認可
1976年 専修学校法の制定に伴い専門学校に昇格
校名を「東北外国語専門学校」とする
1989年 日本語科を新設、就学生ビザ第1号発給
1992年 仙台市青葉区五橋に地上8階建て現校舎が完成
1995年 学校法人東北外語学園へ法人名を変更
1996年 東北外語創立50周年記念式典挙行
2006年 国際観光科を新設
2007年 現在の五橋2号館が完成
2010年 「東北外語観光専門学校」に校名変更
2015年 ホテル科・エアライン科・トラベル科を新設
2016年 キャスウェル ホテル&ブライダル専門学校 認可
2017年 キャスウェル ホテル&ブライダル専門学校 開校

校長からのメッセージ

 昨今あらためて感じることは、世の中には予定調和は存在しない、ということです。時代の変化は目まぐるしいものですが、変化に対応しながら日々を生きること。それが、これからの社会において必須の価値観であり、ホテル業界においても同様のことが言えるでしょう。これからの社会人に求められる資質は「あらゆる状況にも対応できる適応力」なのです。

 ホテリエは憧れの職業のひとつです。ホテルというと、つい建物や設備に目が行きがちですが、実際、お客様は働いている人を見てまた利用するかどうかを判断します。お客様は、ホテリエの見返りを求めないサービスに心を打たれます。ホテルビジネスは、ホスピタリティ(おもてなし)なしには成立しない仕事なのです。

 キャスウェル ホテル&ブライダル専門学校では、お客様の感動を、自分の喜びにできる心豊かなキャストを育てることを中心として、ホテルやブライダル、レストランなどのホスピタリティ業界の舞台で、ひと際輝けるようなひとづくりを目指しています。プロの講師陣から業界の概要、語学力や接遇といった即戦力として必要な専門スキルを習得し、その成果として数多くの資格試験にも挑戦していきます。ロールプレイング形式による実習や業界視察により、現場での厳しさや心構えを学んでいきます。キャスウェルのホスピタリティ精神に溢れる講師陣によって、学んでいくうちに自然とおもてなしの心が身に付くことでしょう。

 キャスウェルが皆さんにとって、ホテリエの第一歩を踏み出す学び舎となることを期待しています。

学校法人 東北外語学園
キャスウェル ホテル&ブライダル専門学校
校長 千葉 直樹